介護支援専門員

・介護を受けようとする人の相談や、介護認定を受けるための手続きを代行したり、 需要に適合した介護サービスを受けることができるように
調整する仕事をするために、 新たに介護制度下に設けられた制度であり、国の認定試験に合格し実務研修を修了した鍼灸師の会員です。


老年医学

・専門領域研修制度は、社団法人日本鍼灸師会が生涯教育の一環として独自に進める研修制度で、 医療における急速な専門化に鑑み、
開業鍼灸師が個々の疾患や傷害に関し、より専門的な学習を積むことによって 治療分野の拡大に資することを目的とするものです。


スポーツ傷害

・平成11年〜平成13年の3ヶ月間の実施で、スポーツ概論、運動生理学、スポーツ内科学、スポーツ鍼灸学、スポーツ指導に対し、
大学の専門分野の教授・講師、専門医師、鍼灸学校講師、鍼灸師の講師等により研修を実施し、その認定書を受領した会員の一覧です。


婦人科疾患

・平成14年〜平成16年の3ヶ月間の実施で、婦人科・産科学、東洋医学における婦人科・産科学、婦人科各論、産科各論、
婦人科・産科における鍼灸の適応及び治療法に対し、大学の専門分野の教授・講師、専門医師、鍼灸学校講師、鍼灸師の講師等により研修を実施し、
その認定書を受領した会員の一覧です。


リスクマネジメント

・「鍼灸の質の向上」と「鍼灸医療の健全性の確保」を目的に、平成19年〜平成21年の3ヶ年の実施で、感染防止対策として
「感染予防の基本、手洗い・手指消毒、施術野の消毒、刺鍼・抜鍼時の清潔操作、鍼や器具の洗浄・滅菌と保管、快適な鍼灸医療環境の
構築・保持と省エネルギー対策、廃棄物の処理」等、鍼灸医療事故・有害事象の防止対策として、「医療事故の防止対策、鍼灸治療の 禁忌・注意すべき病態、
重要臓器の傷害事故防止、鍼灸医療事故・有害事象対策、鍼灸カルテの意義と管理、鍼灸医療機器の安全管理、 施術者の定期検診と感染予防」等に対して、
大学の専門分野の教授や講師、専門医師、鍼灸学校講師、鍼灸師等の研修を実施し、より高い 安全・安心・信頼の鍼灸医療を提供するための研修です。


分科会

・公益社団法人北海道鍼灸師会が生涯教育の一環として独自に進めるものであり、専門領域研修を補完し、開業鍼灸師が個々の疾患や傷害に関し、
より専門的な学習と技術を積むことを目的とするものです。年度に、運動器疾患と内科疾患の2回開催するものです。


学術講演会

・公益社団法人北海道鍼灸師会が生涯教育の一環として独自に進めるものであり、医療に関する専門分野、近年の医学の情報、医療技術、鍼灸理論、
鍼灸技術等の講演により、開業鍼灸師が個々の疾患や傷害に関し、より専門的な学習と技術の研鑽を目的とする講演会です。